理学療法士になりたい!どんな仕事をするの?

理学療法士の仕事とは

理学療法士になりたいと考える方は多いかと思われます。そのような方にとって、どんな仕事をしたらいいかと考える方もいるでしょう。いったい、理学療法士はどのようなものなのでしょうか。

理学療法とは、ケガや病気で身体に障害がある人、障害が出ることが予測される人に対し、基本動作能力の回復や維持、障害が悪化するのを予防することを目的として、物理療法、または運動療法などを用い、自らの力で生活が出来るように支援を行うリハビリテーションの動作を提供することを言います。

そして、理学療法士の仕事は、病気やケガによって体が不自由になっている人に対して、身体と心の両方から機能回復や維持を行うリハビリテーション医療の1つとなります。理学療法士は、運動療法による治療、そして物理療法による治療を行います。

運動療法は、理学療法士の手技、または患者自身の力によって動かして治療という形になります。物理療法による治療は、痛みの緩和、循環機能の改善を目的としたものであり、熱・電気などの物理的なエネルギーを外から加えることで治療するというものです。

理学療法は、身体を自由に動かすことが出来ない、障害を持つすべての人が対象となるのです。理学療法士になるためには、一定の条件を満たし受験資格を得て、国家試験に合格することで得ることが出来ます。

ここでは、この理学療法士についてさらに紹介をしていきます。これから理学療法士を目指したいと思う方にとっての参考になればと思います。